株式会社みらいもりやま21

第10回 近畿中心市街地活性化ネットワーク研究会(No.2)

リポートの第2弾で、いよいよ小浜市のまちづくりで
活躍されている方々の講演に入ります。

まず最初は、若狭おばま観光協会 事業推進委員長の
藤原清次氏による講演です。

~市民が中心となったオバマを勝手に応援する会の活動について~<藤原 清次氏>

お話の中で、「そこまでやるか~という事をモットーに」という言葉を何度もおっしゃって
いましたが、その活動は本当にエネルギッシュで、通常一般市民では想像が
出来ないような事(オバマ大統領の石像を作られたり、おばまガールズ&ボーイズを
結成されたり、オバマ大統領の生地ハワイに行きホノルル市長に面会されたり等々、
今までに幾多の活動を展開され、現在も進行中です)を考え、実際の行動に
移されています。

当日配布された~OBAMAが世界を駆け巡ったわけ~と題した
資料も読んでいてアイデアに溢れた文体で、
本当に魅力的でした。
(家に帰って私の家族にこの資料を見せたら、子供<小5>
と家内<38歳>がスゴイ!!と言って楽しく読んでいました。)

マスコミとのタイアップによる観光と町おこしでは
今までに米国ではCNN,ABC,CBS,NBC、英国では
BBC,英国スカイテレビ等々、世界をも巻き込んで
おられ、この活動を通じてオバマ大統領と小浜市を
事あるごとにアピールされています。

何より、活動自体は非常に大胆ですが、その行動そのものは
大変思慮深く、慎重・丁寧に行われていてそれが、
2008年2月設立時にたった一人で発足された貴会の現在
発展に繋がっていると感じました。

今後も何をされるかワクワクしています。という事で
私もすっかり巻き込まれて一員となりました。
アイデアとユーモア、それと”とことんやり続ける精神”を
学ばせて頂きました。

                              
                                  リポーター►篠原 啓人