株式会社みらいもりやま21

平成23年度 優良従業員表彰式が挙行されました ( 2月4日)

2月4日(土)に守山商工会議所主催の平成23年度 優良従業員表彰式が
ラフォーレ琵琶湖の地下1階 “吉祥の間” にて執り行なわれました。


<開会の挨拶 清原 守山商工会議所副会頭>


<式辞を述べられる 大崎 守山商工会議所会頭>

式の半ばに入り、いよいよ表彰に移っていきました。


<受賞者の御名前を読み上げられる 岡田守山商工会議所専務理事>

今回で26回目となる表彰式で、勤続10年以上・20年以上・30年以上の
10年ごとに分けられて、優良従業員の方々が表彰されました。


<御名前を呼ばれ、ご起立される受賞者の方々>


<表彰の模様 10年表彰 ㈱幸弘設備 掛樋敏広 氏>


<表彰の模様 20年表彰 魚文 今井文隆 氏>

合計44名の方が受賞されました。

参席されている受賞者の方々のお顔は、
どの方も、凛とした面持ちでした。


<御祝いの言葉を述べられる 宮本市長>


<閉会の後の記念撮影の風景>

守山の経済発展に多大なる貢献をされてきた受賞者の方の
清々しい笑顔に、今後益々のご努力される決意を感じました。

第2部として、記念講演会が同ホテル地下1F階 “蒼海の間” にて催されました。
「限りなき挑戦」と題した工藤公康氏(元プロ野球選手)の講演です。


<会場が満席となる盛況ぶりです。>

入団当初に西武ライオンズの当時の監督 広岡氏に指導してもらった
想い出から、ご自身が自ら前向きに練習に取り組んでいこうとされた
きっかけのカルフォルニアリーグ1Aに武者修行に行かれた際の経験談等
語られました。

広岡式の練習でその時は「きつい・つらい・何でここまでやるの?」と思っていて、
やらされている意識でいたが、ずうっと後にその意味を気付いたという言葉に、
会場の聴衆の方々の中で、大きく頷く方が多数おられました。

その他、プロ野球選手を目指す子供達にしゃかりきに
野球ばかりせずに、体全体の筋肉を鍛えるためにサッカーをしたり、
打者として動体視力を鍛えるために卓球をするといいといった
アドバイスをされているとのお話がありました。


<講演の後の交流会にて 快く写真撮影に応じられる 工藤公康 氏>

工藤氏のお話のテンポの良さや、時折はさまれるジョークは
投手時代のストレートと鋭いカーブの絶妙のコンビネーションのようで
本当に楽しい講演で、あっという間の1時間半でした。


<交流会の模様>

講演後の交流会では、ふだんのお互いの労をねぎらい合う、
受賞者や経営者の方々の、“笑顔の花”が会場内いっぱいに咲いていました。

最後に、次回も常日頃から自己の研鑽のため、家族のため、社会のため、努力を
積み重ねてこられた多数の方々が、受賞されることを願って止みません。

                          リポーター►篠原 啓人