株式会社みらいもりやま21

第3回“うの塾”町家でお茶を楽しむ会が開催されました(7月18日)


<“うの家”南蔵にて開催されました>

去る7月18日(水)守山宿・町家“うの家”にて第3回“うの塾”
町家でお茶を楽しむ会が開催されました。

町家のたたずまいの中で、季節の和菓子と冷茶をいただき、
日常生活に活かされる所作と心得(マナー)を学び、日本(和)
の文化を知ろうという内容の講義です。


<煎茶道の歴史・煎茶に関する説明>

今回の講師は、“うの家”で館の案内役としてもお馴染み
皇風煎茶礼式師範 酒井可奈子さんです。

酒井さんのお話では、煎茶は1年12ヶ月それぞれ時期に
よりいただくお茶の種類があるとのことです。

煎茶歳時記

一月  大福茶       心も新たに(新年を迎えて)
                  『無病息災』『幸せ』を願うお茶

二月  節分のお茶    極寒に耐えうる心

三月  雛祭りのお茶   春を待つ心

四月  桜の香煎     人と自然とのふれあいの心

五月  青山緑山     新緑と新茶の季節

六月  梅雨        雨に心を洗う一煎のお茶

七月  冷茶        夏は涼しげにに 七夕祭りの茶会

八月  納涼煎茶会    天然の涼味の中に茶心を

九月  月見の煎茶会   吹く風流れる雲に秋を知る

十月   菊の香煎      茶は報恩感謝の心

十一月 煎茶は心の鏡   万山紅葉の好季節

十二月 忘年の煎茶    忙しい中でも自分を取り戻す心の
                  余裕と時間


<真剣な眼差しで、話を聴かれる受講生の方々>

菓子鉢の扱い方・冷茶のいただき方などを学ばれ、7月の
お茶“冷茶”を味わっていただき、その味のまろやかさに
感激されました。

次回は9月20日(木)13時~15時です。
第4回 季節のお花を活けましょう
~身近な野の花も、みちがえるほど美しくなります~
【講師】 福原史子(ちかこ)先生
【参加費】1,000円(花と茶菓子代)当日受付にてお支払い
ください。
【場所】守山市歴史文化まちづくり館
(愛称:守山宿・町家“うの家”)
【定員】先着15名
お電話・FAXまたはご来館にてお申込みください。
電話&FAX 077-583-2366 担当 酒井

リポーター►篠原 啓人