株式会社みらいもりやま21

第13回近畿中心市街地活性化ネットワーク研究会が開催されました!【11月13日(火)】


<プロジェクターを使ったわかりやすい解説>

11月13日(火)午後1時より、兵庫県伊丹市
市立図書館“ことば蔵”にて、13回目となる近畿
中心市街地活性化ネットワーク研究会が開催されました。

今回、先週の8日(木)にあまが池プラザで行われた
中心市街地活性化リレーシンポジウムに、講師・パネラー
として来られた藤原伊丹市長の方に、こちらが
お邪魔させていただく形となりました。


ことば蔵交流スペースの運営会議の手法~講演される
パークスペース運営会議ファシリテーター 若狭建作氏>


ひがし商店街の取り組み~講演される
伊丹阪急駅商店会 理事 福田大氏>


市民サポーターを取り組んだ活動~講演される 
NPO法人いたみタウンセンター 村上有紀子氏>


<ことば蔵にある伊丹出身プロ野球選手の紹介

まちづくりに活かせるような会議運営の実例や、
協力者(強力者)を集める方法台本のない会議・・・
各講師のお話がとても興味深く、あっという間に
時間が流れていきました。

また、館員の方が丁寧に館内を案内してくださり、カエボン
【オススメの本を持ってきて、棚の他の本と交換。】や、
ヤングアダルトコーナー【伊丹市内の高校生が、選書、配架、
レイアウト等、書架をまるごと企画するコーナー】、
伊丹作家コーナー【田辺聖子氏、宮本輝氏の著者や
パネルなどを展示】を見学しました。

市民が積極的にかかわりを持つ風土が醸成されるべく、
いろいろなアイデアが詰まった会議を重ねられ、まさに
生きている、躍動している図書館だなぁと感心いたしました。

次回の近畿中心市街地ネットワーク研究会は福知山での
開催です。広小路オータムマルシェ(先月10月28日開催)
などさまざまな取り組みをされていますので、とても楽しみ
です。

リポーター►篠原 啓人