株式会社みらいもりやま21

和の音 花音(かのん)コンサートが開催されました!【12月15日(土)】


<第1部 human note さまによるコーラスの模様>

去る12月15日(土)に8回目となる和の音 花音コンサート
守山宿・町家“うの家”南蔵にて開催いたしました。

本コンサートは、町家(和)のたたずまいの中で、多彩な
ジャンルの音楽が楽しめる内容で、毎月第3土曜日
10:00から13:30から開催させていただいております。
※入場無料です。

今回は第1部にhuman note さま〔コーラス〕、第2部には
あんさんぶるKOTO♪&YUKKO〔フルート・メゾソプラノ
チェンバロ・ハープ〕さまがご出演くださりました。


<とってもパワフルなステージ 中央はMCもされた高木さん>

human note さまは、2007年に結成され、関西を中心に
活動するシンガー・ソングライダー寺尾仁志さんが
ディレクションする約700名のコーラスグループです。

本コンサートでは、守山在住の方を含め選抜メンバーで
ご出演くださりました。


リードヴォーカルハートフルな歌声に聴き惚れて・・・>

クワイヤ・スタイルのコーラスで、メロディーラインのソロヴォーカル
後ろのコーラスのハーモニーが絶妙のコントラストで、
キラキラ輝きを放ち、心に虹が描かれる思いがしました。


<かわいいお嬢さんもソロで歌われました>


<親子それぞれでソロでも大活躍>

まさに生きる活力が沸くホットなステージで、会場全体歌ったり
手拍子を打ったり、手をこれでもか!というほど振ったりして
あっという間の1時間でした。


<ひな壇前に置かれた、お手製の看板>

第2部13:30からはアンサンブルKOTO♪&YUKKOさまがご出演
くださりました。


<たくさんの方がお越しくださりました>

※フルート:磯部裕子さん メゾソプラノ:猪木薫さん
 ハープ:山根ひろみさん チェンバロ:田中佳穂子さん

4人の方皆さんが相愛大学音楽部出身で、曲中何度も
アイ・コンタクトをされ、息の合ったアンサンブルをお聴かせ
くださりました。


メゾ・ソプラノ(うた)司会猪木薫さん>

曲の解説もとてもわかりやすく丁寧におっしゃられました。

それぞれ楽器別で演奏されるシーンもあり、
各楽器の音色の美しさ蔵に響き渡る余韻
感動しました。


<立ち見の方もおられ、2階にも観客の方がおられました>


敬虔な響きが蔵全体にこだましました>

クリスマスに良く合う賛美歌や、3人の作曲家の3通りの
アヴェ・マリアをお聴かせ下さり、最後には歌詞カードを
見ながら、会場全体できよしこの夜を合唱しました。


<コンサート終演後、観客の方から花束が贈られました>

会場にお越しくださった全ての方々が癒されたのでは
ないでしょうか。クリスマス前に、年の終わりに
嫌だったこと、つらかったこと、悲しかったことの全てを
洗い流して心を浄化してくれる、そんな音楽の
雰囲気に包まれたコンサートでした。


<コンサート終演後、楽器の説明もしてくださりました>

チェンバロはピアノでいう白い鍵盤が黒色になっていますが、
昔、貴夫人が宮廷晩餐会などで演奏されるときに、白い手が
より白く美しく見えるようにそうしたのでは・・・といったお話を
してくださりました。


グランド・ハープの奏法を間近で見ることができました>

私の身長(170cm)を軽く超す大きな楽器とはいえ、
ふだんオーケストラの隅に配置され、遠くにしか見れ
ない楽器を目の前にして説明を聴くことができました。


チェンバロに付けられたクリスマスの飾り>

ご出演くださったhuman note さま、あんさんぶるKOTO♪&
YUKKOさま、本当に有り難うございました。

また、あいにくのお天気にもかかわらず、守山宿・町家“うの家”
お越しくださった全ての方々に御礼申し上げます。

次回和の音 花音コンサート1月19日(土)
開催いたします。

ご出演は、第1部10:00からフルート:池口茂美さん、
ソプラノ:近松真由美さん、ピアノ:宇野真由美さんによる
トリオ守山音楽連盟所属の3人の方のご演奏】、
第2部13:30~は、女声アンアンブル「湖音(こと)」
皆さんです。

乞うご期待ください。
皆さまのお越しをお待ちしております。

リポーター►篠原 啓人