株式会社みらいもりやま21

中心市街地活性化基本計画(内閣総理大臣認定)

中心市街地活性化基本計画とは

国・自治体・民間事業者が連携して住み良く暮らしやすい、活気ある「まち」を創るための方針を定めた総合的な計画です。

守山市が策定して国に申請し、平成21年3月27日に内閣総理大臣から認定されました。

◆計画期間

平成21年4月から平成26年3月まで(5年間)

◆基本理念など

【基本理念】

 『絆と活力ある「共生都市」の創造』

【基本姿勢】

「人と人の絆」(コミュニティの再生・強化)

【基本方針】

①都市機能の集積と商業機能の充実を図る

②住民参加により地域資源の活用を図る

③ゲンジボタルが舞う良好な居住環境形成


 

◆活性化に向けての目標

【目標1】

子どもから高齢者まで幅広い世代が共生できるまち

【目標2】

住民参加により地域資源を活かし、魅力的で歩いて楽しいまち

 

 

詳しくは、守山市のホームページ内(守山市中心市街地活性化基本計画)をご覧ください。